WordPressテーマのSANGOなら、簡単にファビコンを設置できちゃう

ファビコンを設置しました!

せっかくなので、ファビコンを設置することにしました。

テーマに追記したり、プラグインを使ったりすると思ったんです。

だけど、WordPressテーマのSANGOなら、簡単にファビコンを設置できます

 

SANGOファビコンを設置する方法

外観」「カスタマイズ」の「サイトの基本設定」の「基本情報とロゴの設定」でサイトアイコンで画像を登録して「公開」をクリックして保存するだけです。

画像をアップするときに、トリミングできるので大きな画像でも大丈夫です。

ファビコンは、JPGよりPNGのほうがいいみたいなのでPNGにしました。

 

ファビコンを設置するメリット

パソコンの場合、ブラウザで複数のタブを開いたときに、目印になります。

スマホの場合、スマホでホーム画面にブログを追加すると、ファビコンが表示され目印になります。

 

ドメインの先頭のアルファベット

ファビコンに迷ったので、ドメインの先頭の「I」にしました。

簡単に変更できるので、仮で設置してもいいと思います。

 

アルファベットのファビコン

このブログのファビコンは、【フリーアイコン】 アルファベットで作成しています。

作成というか、アルファベットと色を選らんでダウンロードしただけです。

 

画像サイズは設定していません

画像サイズは、設定していませんが、200×200でした。

トリミングしないで、そのまま使っています。

ファビコンは、PNGでいいと思います。

 

アルファベットを白抜き

いろいろ試したけど、アルファベットは白抜きが無難です。

最初は、アルファベットは白抜きをおすすめします。

 

SANGOなら、プラグインも必要ない

テーマに追記するのは面倒だと思ったんです。

それで、プラグインでファビコンを設置したんです。

だけど、SANGOではプラグインなしでファビコン設置できます。

 

ブックマークの目印になる

とっても簡単だし、目印になりますので、ファビコンを設置しましょう!

何度も変更したけど、Chromeのブックマークのファビコンがすぐに反映されます。

ブックマークしたときも目印になります。

コメントを残す