はてなブログのドメインをwwwなしにするデメリットもある

 

はてなブログで、wwwなしで表示ができるようになった!

無料ブログのはてなブログでは、有料プランにすると独自ドメインを使うことができます。だけど、wwwありでしか表示することができませんでした。

だけど、wwwなしで表示することができるようになったんです。ということで、早速、wwwなしで独自ドメインを登録し直しました。

ムームードメインでDNSを変更しました。DNSの反映に何時かかかったけど、wwwあり→wwwなしに変更できました。

最初から、wwwなしで独自ドメインのはてなブログを始めるなら特に問題はありません。でも、途中から、wwwなしに変更するとデメリットがあります。

wwwあり→wwwなしにするデメリット

  • wwwあり → wwwなしにリダイレクトできない
  • 投稿記事に貼り付けた過去記事のURLを変更する必要がある
  • 初心者には、ムームーDNSの設定が難しい

ロリポップで wwwなし → wwwありにリダイレクトしていました。だけど、何度やってもwwwあり → wwwなしにはリダイレクトできないんです。

はてなブログで関連記事を表示していますが、wwwなしに変更しても問題なく関連記事は表示されています。だけど、自分で記事に貼り付けた過去記事は、エラーになりました。一括変換しようとしたけど、記事が少ないので、あきらめて記事に貼り付けた過去記事を削除しました。

Twitterのツイートからのアクセスがあるので、ロリポップでwwwあり → wwwなしをリダイレクトしようと、ムームーDNSを設定しましたが、何度もやり直し、何度もはてなブログが表示されなくなりました。

ロリポップでwwwなし → wwwありにリダイレクトできていました。そもそも、wwwなし → wwwありにリダイレクトするためにロリポップを借りたんです。だけど、ロリポップでSSLにすることができていません。Twitterのツイートのリンクは、SSLなのでリダイレクトできないのと同じことです。

wwwあり→wwwなしにするメリット

  • ブログの所有権を証明しやすくなる
  • アドセンスに通りやすくなる

wwwありは、wwwなしのサブドメインということになるんです。だから、wwwなしで表示できれば、結果として、アドセンスに通りやすくなると思います。

審査に通れば、サブドメインでも追加できるんだけど、サブドメインでないほうがいいことはいいと思います。

コメントを残す