日本語で検索できる無料画像サイトのPixabayを利用することにしました

個性を出そうと自分で撮影した写真を使う

無料画像サイトの画像を使うと、個性がなくなってしまうんじゃないか?

と思って、自分で撮影した写真を使っていました。

だけど、限界です。

 

日本語で検索することができるPixabay

自分で撮影した写真を使うのは無理でした。

どうしても似たような写真になってしますんです。

それで、日本語で検索することができるPixabayを使うことにしました

 

Pixabayの画像のがいい!

実際に使ってみると、明らかにPixabayの画像のほうがいいんです。

1.800万点以上の高品質な画像と動画とあるので、そんなにかぶらないんじゃないかな?

どこかで見た画像ってことはあると思いますけどね。

 

O-DANも日本語で検索できる

予備として、O-DANも使っています。

O-DANも日本語で検索できるんです。

やっぱり、画像を探すときに、日本語で検索できないと使いにくいですからね

 

画像の圧縮は、Squooshがおすすめ

画像をダウンロードしたら、画像を圧縮します。

画像の圧縮には、グーグルのSquooshを使っています。

画質を確認しながら、圧縮率や重さを確認できるんです。

 

オフラインならリサイズ超簡単pro

オンラインの画像圧縮なら、グーグルのSquooshですが、オフラインならリサイズ超簡単proです。

スマホでは使えないと思いますが、パソコンならオフラインで使えるので月末に助かります。

通信量がオーバーしても、オフラインでリサイズ超簡単proを使うので問題ありません。

 

テザリングしてパソコンでブログをやってる

ワイモバイルのスマホでテザリングしてパソコンでブログをやってるので、毎月月末に低速になるんです。

オプションで3GB追加できるんだけど、月末には、低速になったり高速になったりを繰り返してるんです。

オートチャージにできるんだけど、オートチャージにしちゃう月末になる前に通信量がオーバーしちゃいます。

 

リサイズ超簡単proは調整ができません

オフラインで画像を圧縮できるリサイズ超簡単proは重宝しています。

ただ、画質の調整や確認はできません。

だけど、問題がない程度に圧縮してくれるんです。

Squooshは、画質を確認しながら圧縮できる

グーグルのSquooshは、画質を確認しながら圧縮率を調整できるので、かなり無理な圧縮もできます。

10枚に1枚くらいなら、無理して画像を圧縮してもしなくても関係ないかもしれないですけどね。

コメントを残す