公認子テーマのPORIPUを使えば、カスタマイスが不要!

公認子テーマのPORIPUは、カスタマイズ済み!

このブログは、WordPressテーマのLuxeritasを使っていますが、有料のWordPressテーマのSANGOも使っています。

WordPressテーマのSANGOには、公認子テーマのPORIPUがあります。

公認子テーマのPORIPUは有料なんだけど、インフィード広告を簡単に表示できるんです。

ディスプレイ広告や記事内広告は難しくありませんが、インフィード広告を表示するのは難しいいんです。

WordPressテーマのSANGOをカスタマイズしないと、インフィード広告をキレイに表示できないと思うんです。

有料だけど、公認子テーマのPORIPUを使えば、カスタマイズしないで、インフィード広告をキレイに表示できるんです。

つまり、WordPressテーマのSANGOの公認子テーマのPORIPUは、カスタマイズ済みなんです。

 

インフィード広告のカスタマイズに何日もかかる

有料のWordPressテーマのSANGOを購入して、有料の公認子テーマのPORIPUも購入すると、WordPressテーマのSANGOが有料テーマの中では安いほうだったんだけど、平均的なくらいになりました。

それでも、WordPressテーマのSANGOでインフィード広告を表示するカスタマイズをするとしたら、何日もかかると思うんです。

もしかすると、カスタマイズできないかもしれません。

 

カテゴリー別の人気記事もカスタマイズ済み

インフィード広告以外にも、WordPress Popular Postsを使って、カテゴリー別の人気記事ランキングを表示できるんです。

公認子テーマのPORIPUでは、WordPress Popular Posts用にカスタマイズしてあるので、プラグインのWordPress Popular Postsをインストールして有効にするだけでいいんです。

あとは、ウィジェットでサイドバーに表示させればいいんです。

インフィード広告とカテゴリー別の人気記事ランキングのカスタマイズをしないでいいだけでも、子テーマのPORIPUを購入した代金の元は取れていると思っています。

 

テーマをカスタマイズしないで、記事を書かく

有料のWordPressテーマのSANGOではなく、無料のWordPressテーマのLuxeritasでもいいと思います。お気に入りのWordPressテーマをできるだけカスタマイズしないで使いましょう!

ブログを始めたら、テーマをカスタマイズするのではなく、記事を書かないと前に進みません。

コメントを残す