有料テーマのSANGOでTwitterカードをsummaryに設定する方法

Twitterカードを「summary」に設定したい!

WordPressテーマのSANGOを使っています。

とってもいいんだけど、Twitterカードを「summary」に設定したいんです。

Twitterカードが設定されているのはいいんだけど、「summary_large_image」になっているんです。

大きい画像の「summary_large_image」のほうがいいという人が多いので、デフォルトで「summary_large_image」になっているのは問題ありません。

だけど、小さい画像の「summary」にしたい場合は、変更できるといいな!と思っていました。

子テーマのfunctions.phpに追記すれば、「summary」にできる

そうしたら、WordPressテーマ SANGOについてのよくある質問にカスタマイズの仕方がありました。

必ず、子テーマのfunctions.phpに追記してください。

念のため、functions.phpをダウンロードしておき、何かあったら、すぐにアップして上書きしてください。

「SANGO Child」は、フォルダのsango-theme-childです。

 

/*********************
OGPタグを編集
*********************/
function my_meta_ogp() {
$insert = ”;
if (sng_set_meta_description()) {
$insert = ‘<meta name=”description” content=”‘ . esc_attr(sng_set_meta_description()) . ‘” />’;
}
$ogp_descr = sng_set_ogp_description();
$ogp_img = sng_set_ogp_image();
$ogp_title = sng_set_ogp_title_tag();
$ogp_url = sng_set_ogp_url();
$ogp_type = ( is_front_page() || is_home() ) ? ‘website’ : ‘article’;

// 出力するOGPタグをまとめる
$insert .= ‘<meta property=”og:title” content=”‘ . esc_attr($ogp_title) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta property=”og:description” content=”‘ . esc_attr($ogp_descr) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta property=”og:type” content=”‘ . $ogp_type . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta property=”og:url” content=”‘ . esc_url($ogp_url) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta property=”og:image” content=”‘ . esc_url($ogp_img) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta name=”thumbnail” content=”‘ . esc_url($ogp_img) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta property=”og:site_name” content=”‘ . esc_attr(get_bloginfo(‘name’)) . ‘” />’ . “\n”;
$insert .= ‘<meta name=”twitter:card” content=”summary” />’ . “\n”;

// facebookのappdid
if (get_option(‘fb_app_id’)) {
$insert .= ‘<meta property=”fb:app_id” content=”‘ . get_option(‘fb_app_id’) . ‘”>’;
}

// 出力
if ( is_front_page() || is_home() || is_singular() || is_category() || is_author() || is_tag() ) {
echo $insert;
}

} //END my_meta_ogp

function remove_sng_meta_ogp(){
remove_action(‘wp_head’, ‘sng_meta_ogp’,10);
}
add_action(‘after_setup_theme’,’remove_sng_meta_ogp’);
add_action(‘wp_head’, ‘my_meta_ogp’);

 

Luxeritasのカスタマイザーでは追記できなくて、「外観」「テーマエディター」で右上の「SANGO Child」を確認してから、テーマのための関数 (functions.php)を選択して、コピペしました。

 

/************************
*functions.phpへの追記は以下に
*************************/

ここにコピペ

/************************
*functions.phpへの追記はこの上に
*************************/

注}最初、保存できなかったんですが、プラグインのSimple 301 Redirectsを停止したら保存できました。

コメントを残す